ペットの訪問葬祭さくらでは、お別れの前にご自宅でできることをご紹介します。

たくさんの愛情と思い出をくれた「家族」を安らかに送ってあげるためにできることです。

この準備をすることで残されたご家族様もこころの準備ができ、気持ちよく送ってあげることが

できます。形式は関係ありません。気持ちがあれば大丈夫です。

また、自分達だけでは不安な場合は提携動物病院や動物葬祭ディレクターに相談することも

できます。

犬や猫などは人間よりも死後硬直が早く進みます。

前足や後ろ足が伸びたままですと棺に入らないこともあります。

亡くなられましたら楽な姿勢をつくってあげましょう。

前足と後ろ足を胸にしまう感じで、まぶた等も閉じて安らかな姿勢にしてあげてください。

次に、体をきれいにしてあげましょう。愛用のブラシなどで毛並みを揃えてあげてください。

遺体から体液がしみ出す場合もあります。そんなときは慌てずにビニールシートや

ペットシートを敷き、口やおしりを拭いてあげてください。お湯でぬらしたタオル等で

体を拭いてあげても喜んでくれると思います。

お体の下にペットシートやバスタオル等を敷いて、ドライアイスや氷、保冷剤などを

お腹やあご下(喉元)に当てていただきますと体液・においを抑える効果があります。

氷や保冷剤の溶けた水滴でお体が濡れてしまいますと傷みが早くなりますので、必ず布などに

くるんで添えてあげてください。使用したタオル等は自治体によって処理方法が異なりますので

確認してください。当社にても処分可能です。

当社で取り扱っておりますバスケットやおくるみ以外の段ボール、保冷剤、首輪などの金属、

プラスチック類は燃え残りにつながりますので火葬の際に取り除きます。

 

形式ばったものは必要ありません。お水、線香、ろうそく、できればお花があれば立派な

祭壇となります。

最後の時間まで綺麗なお姿のまま過ごしていただくためのバスケットやおくるみも

取り扱っております。

  ※詳しくはメモリアルグッズのコーナーをご覧下さい。

愛用していた服やオモチャ、大好きだったおやつなども一緒に添えてあげましょう。

安らかに眠ってもらうためのご家族様の気持ちがあれば大丈夫です。

ペットの訪問葬祭さくらが訪問するまでは、この状態でゆっくりと大切な「家族」に感謝し

思い出の時間を過ごしてください。

 

大切な「家族」にお別れの前にしてあげられること

 お別れの前に

 楽な姿勢にしてあげましょう

 体をきれいにしてあげましょう

 祭壇などをつくりましょう